達成することが目的になっていませんか?

整理で「希望」をみつけて
選ぶ力を取り戻す!
今から未来をつなぐ
ライフオーガナイザー®の猪俣有希です。

夢を持つ意味
目的、目標を持つ意義

人によって答えは様々

私にとっては
生きるための日常に
意味を持たせてくれるのが
夢や希望

そんなことを考えながら
今から遠い未来の姿を考えています。

どんな自分でいたいか

その自分が何をしているか

どんなことをしたら

自分のことを喜ばせてあげられるのか

それを現実にしたいから
目標をたてて行動します。

そうすると
なんでもない日が
なんでもある日に変わります。

なんでもある日は楽しいこと
だけではありません。

悔しいことも苦しいことも
あります。

でも夢や希望があることで
自分にとって
意味のあるものに
変えることができます。

達成することに
執着していた時は
それができていなかったんですよ。

できなかったら
意味のないことと
決めつけていました。

そのうち意味があるかないかが
判断基準になって
身動きがとれなくなって
いました。

そりゃ生きづらくなりますよね。

本当は毎日を楽しく
過ごしたいだけなのに
目標を達成することに
目的がすり替わって
毎日を犠牲にしていたのです。

本当に自分が達成したいことは
なんですか?

目的がすり替わって
自分を犠牲にしていませんか?

時には立ち止まって
自分に問いかけてみてください。

どんな時も
誰に何と言われようが
大切なのはいつでも自分。

もっと自分本位に解釈しても
誰にも迷惑はかけませんよ!

ライフオーガナイザー®
猪俣有希

投稿者プロフィール

猪俣有希
猪俣有希
88年生まれ。ライフオーガナイザー®/オフィスオーガナイザー® 1LDK、パートナーと二人暮らし。幼少期、片付かない家に育ったことで片付けに目覚める。現在は整理・片付けを通して女性が自分らしく『希望』を持って生きていける社会の実現を目指して思考と空間の整理のサポートを実施中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です