Vol.11「引っ越し後、忘れずにやりたい事務処理 」【超超心配性の引っ越し準備】

思考の整理と仕組み作りで
何気ない日常から希望を見つける
ライフオーガナイザーの猪俣有希です。

主人の転勤で3月の終わりに大阪から東京に引っ越しました。
辞令が出てから引っ越しまでは約1ヶ月でしたが

荷物を詰めるのは1日前にほぼ完了
引っ越し後、ダンボールから出すのは1日
3日目には通常通りの生活をおくることができました。

「そんなのしっかりしてるからでしょー」
なんて思うかもしれませんが
実は私の正体は「しっかり者」ではなく「超心配性」

そんな心配性ゆえの「事前の準備」が
スムーズな引っ越しのポイントでした。

この引っ越しシリーズでは
超心配性の私が不安に押しつぶされないために
準備したことをお伝えします。

前回は「< 引っ越し当日>ダンボールを一日で片付ける一日の使い方」を紹介しました。
(前回のブログはこちら→

今回は「引っ越し後、忘れずにやりたい事務処理」についてお伝えします。
引っ越しの流れの中の最後のところです。

Chapter
★引っ越し後の事務処理
★忘れがちなのは〇〇の処理
 
★引っ越し後の事務処理
引っ越し後必要になる主な事務処理は次の3つ。
 
①転入届、運転免許の変更
②各種住所変更
(銀行、カード、その他会員登録しているもの)
③いらない書類の破棄
 
転入届けと免許の変更は必要にせまられて
すぐにできるのですが
それ以外の事務処理は後回しにしがち。
 
引っ越し前の余裕があるうちに
住所変更が必要なものはリストアップしておくのがおすすめです。
一度リストを作っておけば次の引っ越しの時にも
役立ちますよ!
★忘れがちなのは〇〇の処理
引っ越すといらなくなるものがあります。
それが旧住所でしか使わない診察券やショップカードなど。
これらの処理は緊急性がそれほど高くないので
忘れがちです。
 
 
そのまま持っていても問題がない場合もありますが
廃止手続きが必要なものもあるので
引っ越しのついでに見直すのがおすすめです。
 
私は何も手続きをしないと
知らないうちに個人情報が漏れてしまう
恐れもあるかなと思い(心配性なので)
店舗や病院に電話やメールで確認してから処理をしました。
 
 
最後に…
引っ越しの疲れと慣れない新しい生活で
事務処理はどうしても後回しにしたくなります。
 
でも書類こそ
あとでやるとどんどんめんどくさくなる!!
 
これは私の今までの引っ越しの教訓です。
 
なので今は「やらなきゃいけない」
という義務的な気持ちを一度手放し
「スッキリしたいからやる」
というように
”やりたい”にスイッチを切り替えて
めんどくさいことはやるようにしています!
 
最後までお読み頂きありがとうございます。
【超超心配性の引っ越し準備】シリーズはここまで♪
 
今をよりよく生きる「希望」を見つけて
自分らしく「希望」を実現する人が増えていきますように☆
ライフオーガナイザー®猪俣有希

投稿者プロフィール

猪俣有希
猪俣有希
88年生まれ。ライフオーガナイザー®/オフィスオーガナイザー® 東京都内在住。夫と二人暮らし。幼少期、片付かない家に育ったことで片付けに目覚める。現在は整理・片付けを通して女性が自分らしく『希望』を持って生きていける社会の実現を目指して思考と空間の整理のサポートを実施中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください