利き脳を知るメリット

整理で「希望」をみつけて
選ぶ力を取り戻す!
今から未来をつなぐ
ライフオーガナイザー®の猪俣有希です。

ライフオーガナイズでは自分を知る
手がかりとして利き脳も参考にします。

利き脳とは→★

わたしは利き脳は
自分を知り
相手との違いを知るツールの1つ
だと考えています。

つまり思考と特性を知り
違いを客観的にみる視点です。

利き脳は絶対的なツールでは
ありませんが
違いを知るきっかけになることは
間違いありません。

利き脳による
思考と行動の特性を知ることで
得意なことと
苦手なことに気づけます。

得意なこと苦手なこと
を知ることは
自分をラクにする方法を
見つけるヒントになります。

これは他者にも応用することが出来ます。

例えば片付け

「なんで戻してくれないの!」
「片付けてくれないの!」
「どうしてできないのか理解できない」

怒っているほうも
怒られているほうも辛いですよね。

もしかしたら
それは性格だけでなく
利き脳が異なるからかもしれません。

だれもが自分が正しいと思っているもの
それ自体は間違っていないと思っています。

でも自分の正しいを人に押し付けるのは違います。
ひとそれぞれ得意、不得意は違いますし
何をよしとするかは違います。

だから違いを認め合うためにも
利き脳をしって欲しいと思います。

利き脳を知ることは
行動の選択肢を増やします。

今までと行動が変われば
違う結果が手に入ります。

それはコミュニケーションも同じです。

今までと同じように
自分のいいなりにさせることで
本当に望む結果が得られますか?

自分もラクに相手もラクに
する方法があれば
気持ちよく過ごせるように
なると思いませんか?

望む結果を変えたいのであれば
あなたの選び方を変えるだけ。

利き脳はそのヒントになりますよ!

ライフオーガナイザー®
猪俣有希

投稿者プロフィール

猪俣有希
猪俣有希
88年生まれ。ライフオーガナイザー®/オフィスオーガナイザー® 1LDK、パートナーと二人暮らし。幼少期、片付かない家に育ったことで片付けに目覚める。現在は整理・片付けを通して女性が自分らしく『希望』を持って生きていける社会の実現を目指して思考と空間の整理のサポートを実施中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です