【利き脳】左右脳タイプ

インプット:左脳、アウトプット:右脳

【傾向】
・独自の基準を持ち、発想や行動が個性的
・難しく考えてしまい、ものごとが進まない
・こだわりが強い
・納得することが大切
・自分でもやる気スイッチが謎
・理想と現実のギャップに悩むことが多い

【得意なこと】
・情報収集と知識の詰め込み
・細部まで深く考える
・自分流にカスタマイズする

【苦手なこと】
・なかなか行動に移せない
・他人や一般的なことに合わせる
・枠にはまった考え方

【片付けのポイント】
・ピンときた自分だけのルールを見つける
・時間がかかっても納得する方法がみつかったらスムーズ
・興味ないとしまい込んで忘れるので、見える場所に置く
・細かい分類は苦手なのでざっくり収納が向いている
・納得していれば動線から外れた場所でもOK

【未来の描き方】
文字で先に優先順位を考えてから写真やイラストで
イメージを明確にしていく。
おすすめは先にお気に入りのデザインのノートを用意すること!

そこに
①これからやってみたいこと
②欲しいもの
③やりたくないと思っていること

を同じ数で書き出し、優先順位の高いものから並べる。
さらにベスト3の言葉に関するイメージをノートに貼っていく。

左右脳タイプは言葉に対して具体的なイメージを持つことで自分の価値観が
はっきりしてくる。

【参考】
※ 一般社団法人日本ライフオーガナイザー協会代表理事 高原真由美(2012)
「利き脳片づけ術: 脳タイプで、お部屋も心も未来もスッキリ!」(小学館)

投稿者プロフィール

猪俣有希
猪俣有希
88年生まれ。ライフオーガナイザー®/オフィスオーガナイザー® 1LDK、パートナーと二人暮らし。幼少期、片付かない家に育ったことで片付けに目覚める。現在は整理・片付けを通して女性が自分らしく『希望』を持って生きていける社会の実現を目指して思考と空間の整理のサポートを実施中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です