押入れ収納④カーテンで使い勝手も見た目もUP!

整理で「希望」をみつけて
選ぶ力を取り戻す!
今から未来をつなぐ
ライフオーガナイザー®の猪俣有希です。

少しの工夫で使い勝手を上げる押入れ収納シリーズその4。

使い勝手を考えて、押入れのふすまを外して使うことにしましたが
やはり開けっ放しにしておくのは見た目が気になるので
カーテンを取り付けました。

<取り付け前>

<取り付け後>

私は使わないときは見えていないほうが落ち着きます。

カーテンはシンプルなものがよかったので
無印良品の「綿帆布プリーツカーテン/生成」を選びました。

色が生成りなので和室にもマッチします。

▶︎カーテンにするメリット

・左右同時にものが取り出せる

・多少引き出しが開けっ放しでもカーテンを閉められる

・片手で簡単に開け閉めが出来る

・ほこり対策

などが挙げられます。

特に左右同時に開けられるメリットは大きいです。

押入れの中は右側が私の洋服
左側のハンガーラックと引き出しはパートナーのものとエリア分けして収納しています。

カーテンが左右どちらからでも開けられることで
同じタイミングで着替える時に動線が重ならずスムーズに洋服を選ぶことができます。

カーテンレールは突っ張り式のタイプもあるので
賃貸で穴が開けられない場合でもカーテンを取り付けることが可能です!

<押入れ収納シリーズ>
押入れ収納① ふすまを外して収納力UP!
押入れ収納②取り付け簡単!ハンガーラックを設置してみよう
押入れ収納③3方向のスキマはこう使う!置くだけつけるだけのスキマの活かし方

ライフオーガナイザー®
猪俣有希

投稿者プロフィール

猪俣有希
猪俣有希
88年生まれ。ライフオーガナイザー®/オフィスオーガナイザー® 1LDK、パートナーと二人暮らし。幼少期、片付かない家に育ったことで片付けに目覚める。現在は整理・片付けを通して女性が自分らしく『希望』を持って生きていける社会の実現を目指して思考と空間の整理のサポートを実施中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です