引っ越しのレシピ③引っ越す前に〇〇を揃える

引っ越してからの買い物を減らすために
慣れ親しんだ場所で日用品を揃えておくと
あとがラクになります。

整理で「希望」をみつけて
選ぶ力を取り戻す!
今から未来をつなぐ
ライフオーガナイザー®の猪俣有希です。

引っ越しのレシピ①でご紹介した「荷物の見取り図」

実はこの中には「今あるもの」だけでなく
「買う予定のもの」も書き込んでいます。

なのでこのように空っぽの箱が存在している状態

▶︎「買う予定のもの」ってなに?

引っ越す前に揃えたのは
洗剤やバスグッズ、掃除用品など
住むにあたって必要最低限必要となる生活雑貨です。

実はこの部屋は荷物置き場と仕事場で
使うために借りたので日常生活で使うものが
不足していました。

▶︎なぜわざわざ買っておくのか?

そんなもの引っ越してから買えばいいじゃないかと
思う方もいるかもしれません。

確かに車があればそれほど困ることでは
ないのかもしれません。

ただ私の場合
初めて一人暮らしをして困ったのが
車も自転車もない状態で
細々とした生活に必要な雑貨をそろえることでした。

ドラッグストアや100円ショップまで
徒歩で15分
荷物が多くなければ苦ではありませんが
最初はそろえるものが多く
大きな荷物を持って往復するのは大変でした。

また全く土地勘のない場所だと
どこに何があるのか調べるところから始まって
迷いながら買い物をすることのなり時間もかかりました。

引っ越してすぐは荷捌きだけでも大変なのに
あれもないこれもないで
買い出しに行くのはとても労力を使います。

そこで
どうせ引っ越し屋さんに運んでもらえるなら
土地勘がある場所で先に買っておいて
荷捌きに集中しようと思ったのです。

今回は引っ越し先の近くにドラッグストアや
100円ショップがなかったのも念入りに準備する
要因になりました。

▶︎事前に生活揃えておく3つのメリット

1、すぐに生活できる状態にできる
2、荷捌きに集中できる
3、買い物に使う労力を分散できる
(引っ越してからの方が何かと忙しいので)

住んでから全てをそろえるのは大変。
用意できるものは先に準備しておくことで
余裕を持って新生活をスタートできますよ!

ライフオーガナイザー®
猪俣有希

投稿者プロフィール

猪俣有希
猪俣有希
88年生まれ。ライフオーガナイザー®/オフィスオーガナイザー® 1LDK、パートナーと二人暮らし。幼少期、片付かない家に育ったことで片付けに目覚める。現在は整理・片付けを通して女性が自分らしく『希望』を持って生きていける社会の実現を目指して思考と空間の整理のサポートを実施中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です