【情報の整理】スマホのグーグルドライブにパスコードロックをかける方法

整理で「希望」をみつけて
選ぶ力を取り戻す!
今から未来をつなぐ
ライフオーガナイザー®の猪俣有希です。

パソコンでもスマホアプリでも使える
Googleドライブ。

Googleドライブについてはこちらの記事をご覧ください
【情報の整理】Googleドライブとは?データ保存だけじゃない使い方

スマホ版のGoogleドライブではLINEのようにパスコードロックを
かけることができるのをご存知ですか?

仕事関連の書類などを保存している場合には
スマホを紛失した場合に備えてロックをかけることをおすすめします。

というのも2017年5月30日から個人情報保護法が改正されました。

改正にあたり個人事業主であっても
個人情報取扱事業者になり法律が適用されます。

パスコードロックは法的に
絶対しなくてはいけないというルールでは
ありませんがお客様の信頼を守るためにも
できることはしておくことが大切です。

今回はiOS 版のパスコードロックの設定を紹介します。

パスコードロックの設定方法

1.「Google ドライブ」アプリを起動して
左上のメニューアイコンをタップ、その後“設定” をタップします。

  

2.表示される設定ページ一番上の
“パスコードロック” をタッチします。

3.パスコードロックをオンにします。

4.4桁のパスコードの設定が求められるので、任意のコードを 2 回入力します。
これで “パスコードロック” の設定は完了です。

※パスコードロック”を設定すると、一旦「Safari」でログインしている場合
Google アカウントのログアウトが求められるので一旦ログアウトし、再度ログインします。

ログアウト後は「Google ドライブ」アプリを起動する際に
パスコードの入力が求められるようになります。

5.“Touch ID” を “パスコードロック” の解除で利用する場合は
設定から再度パスコードロックを選択します。

“Touch ID にパスコードロックの解除を許可”
オン にして、指示に従って指紋認証を行います。
以上です。

パスコード設定は簡単にできるので
仕事でGoogleドライブを使用している方は是非設定してみてくださいね!

ライフオーガナイザー®
猪俣有希

投稿者プロフィール

猪俣有希
猪俣有希
88年生まれ。ライフオーガナイザー®/オフィスオーガナイザー® 1LDK、パートナーと二人暮らし。幼少期、片付かない家に育ったことで片付けに目覚める。現在は整理・片付けを通して女性が自分らしく『希望』を持って生きていける社会の実現を目指して思考と空間の整理のサポートを実施中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です