だらだら作業してしまう人におすすめ!ポモドーロテクニック

整理で「希望」をみつけて
選ぶ力を取り戻す!
今から未来をつなぐ
ライフオーガナイザー®の猪俣有希です。

お気に入りの時間監理アプリがあります。
それがiPhoneアプリの「Flat Tomato」
ポモドーロテクニックの補助管理ツールとして開発されたアプリです。
ダウンロードページはこちら→

ポモドーロテクニックとは
集中して仕事をこなすために、25分毎に時間を区切って仕事をする時間管理術の事です。
Francesco Cirillo氏が1992年、自身の勉強効率を上げるために考案したそうです。

<やり方>

1、25分を1ポモドーロとし、やるべきタスクを1ポモドーロ刻み(25分毎)に分ける。
2、25分間は、他の事は一切やらず、タスクに集中する
3、25分経てば、5分間の休憩を入れる
4、ポモドーロ毎(2時間毎)に30分程の長い休憩をとる
5、後は上記を繰り返す

「Flat Tomato」はこの25分のサイクルをはかる専用のタイマーです。
(設定で25分以外の時間にすることもできます)

アプリのスクリーンショット

↓    ↓    ↓    ↓

「Flat Tomato」はiPhoneアプリですがポモドーロテクニック
で調べると他にも様々なアプリが作成されています。

▶気に入っている3つの理由

1、1ポモドーロにつき1つのタスクを行うので、全体で見たら大変そうなことでも
細分化してベイビーステップに置き換えて作業ができる

2、タスクを行った回数が記録されるので、成果が目に見えて達成感がある

3、やる気が起きない時でも、とりあえず1ポモドーロなら頑張れる
(やり始めると案外続けてできる)

私は計画を立てるのは好きなのですが
あれもこれもやろうとして計画倒れしてしまうことがよくありました。

やらないといけないのはわかっているけど
やることを目の前にするとその大きさに圧倒されて
結局先延ばしにしていたのです。
完璧主義な性格も影響しているかもしれません。
この状態は本当に苦しくて、いつもやることに追われているような感覚でした。

しかしポモドーロテクニックを知ったことで
タスクを細分化して「やる前の不安」を取り除くことができるようになりました。

今までは
『自分はなぜ時間通り、計画通りできないのか?』
という問いに対して
単純にやる気がないから自分はダメなんだと自己否定していました。

でもだめなところを責め続けても何も変わりません。
ダメな自分を認めて、そうなっている理由を紐とくことが
自分を変えていく鍵になります。

そう考えると単純にやり方を知っていても
できなかった理由も見えてきます。

悪い癖も怪我や病気と同じで
根本の原因にたどり着くことができなければ
結局戻ってしまいます。

直したいクセがあるならまずは
「なぜそうなるのか」
「なぜそう思わせるのか」
理由を知って自分に合う方法を
見つけていくことが大切ですよ!

ライフオーガナイザー®
猪俣有希

投稿者プロフィール

猪俣有希
猪俣有希
88年生まれ。ライフオーガナイザー®/オフィスオーガナイザー® 1LDK、パートナーと二人暮らし。幼少期、片付かない家に育ったことで片付けに目覚める。現在は整理・片付けを通して女性が自分らしく『希望』を持って生きていける社会の実現を目指して思考と空間の整理のサポートを実施中。

だらだら作業してしまう人におすすめ!ポモドーロテクニック” に対して 2 件のコメントがあります

  1. たけひろ より:

    いつもなるほどなるほどと、拝読しております。
    ポモドーロテクニックというのは、こちらで初めて知りました。
    自分に合っているか、できるかどうかは、わかりませんが、試してみたいと思いました。

    1. yuki より:

      たけひろさん、こんにちは。
      コメントありがとうございます。
      そしていつもお読み頂きありがとうございます。とてもうれしいです。
      ポモドーロテクニックはあくまで方法の1つですので
      ゲーム感覚で楽しんでみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です