成長のスタイルを選択する

上を目指すだけが成長の形ではないと思うんです。

整理で「希望」をみつけて
選ぶ力を取り戻す!
今から未来をつなぐ
ライフオーガナイザー®の猪俣有希です。

ダイエットしようと
意気込んでいた訳ではないけのに
10日で2キロ体重が減っていました。

頑張っているときは
痩せないのに不思議です。

でも逆に頑張らなかったから
痩せたのかもと思い
成長のスタイルについて考えてみました。

一般的に何か目標があるとき
階段を一歩一歩あがるように

スモールステップで
徐々に上を目指すことが
よいと言われます。

もちろんこの方法も
間違っていないと思うのですが

目標が高い場合や完璧主義の人の場合
上をみると自分がまだまだな気がして
やる気が続かなくなることがあります。

私もまさにそのタイプで
あきらめてしまうと

「こんなこともできないなんて・・・」

とさらに自分を責める思考の癖が強まり
悪循環に陥ります。

そう考えると
今回体重が減っていたのは
上を見ていなかったから

確かにちょっと体重が増えたな
とは思っていたけど

「絶対〇kg痩せるぞ!」

とは思わず
「毎日15分多く歩く」
という目標を立てていました。

ただいつもの行動に
少し運動をプラスしていたのです。

この考え方は上を
目指すのではなく
自分の枠を少しずつ広げる
といったかんじでしょうか。

私の場合はこの方法のほうが
今できていることに集中できるようです。

「階段を上って行く方法」と

「枠を広げて行く方法」

どっちがいいと言うわけではなく
勢いがあるときは階段を登ればいいし
ちょっと疲れたら枠を広げる方法を
取ればいいのだと思います。

上を目指していくのに疲れたら
今出来ていることにプラスできること考えて
枠を少し大きくすることを意識してみて下さいね!

ホープデザイナー
猪俣有希

投稿者プロフィール

猪俣有希
猪俣有希
88年生まれ。ライフオーガナイザー®/オフィスオーガナイザー® 1LDK、パートナーと二人暮らし。幼少期、片付かない家に育ったことで片付けに目覚める。現在は整理・片付けを通して女性が自分らしく『希望』を持って生きていける社会の実現を目指して思考と空間の整理のサポートを実施中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です