ライフストーリーレシピ8二度目の退職

整理で「希望」をみつけて
力を取り戻す!
今から未来をつなぐ
ライフオーガナイザー®の猪俣有希です。

ライフストーリーレシピは私が
ライフオーガナイザーになるまでの
パーソナルストーリーを書いています。
これまでのライフストーリーレシピ一覧はこちら→

▶︎ライフストーリーレシピ8二度目の退職

山梨に移住し何ヶ月かは
母との時間を作りました。

今までは一緒にできなかったこと
行けなかった場所
親子らしいことなんて今まで
したことなかったから新鮮な時間でした。

そして母の体調も良くなったように
見えてきたころ
働かないと意味のない人間だ
という思いが捨てられず
転職活動を始めます。

幸いにもすぐ就職先は見つかりました。

初めて人の世話をしながらフルタイムで働く
それは思っていたよりも大変なことでした。

仕事も家事も手を抜きたくない
睡眠を削って完璧に全てをやろうとしていました。

そんな生活を続けていたせいか
しばらくして体調を崩します。

入ったばかりで
迷惑ばかりかけるのが嫌で
申し訳ない気持ちで
毎日働いていました

新人でそれほど役に立ってない人間が
体調が悪くて休みますなんて
とてもとても言えませんでした。

ある時あまりに体調が悪く
ついに上司に病院につれていかれました。

ただ風邪が長引いてると思っていました。

しかし診断は心に問題がある
という診断でした。

母のことがあって自分がまさかそんな
診断をもらうとは思っていなかった

「とりあえず休んでください」

その言葉もすぐには受け入れられませんでした。

何度かカウンセリングを受けたある時
「一人で頑張らなくていい、自分を大事にしていいんだよ」
と先生が言ってくれました。

それを聞いた時自然と涙がこぼれました。

「私は自分のことを大事にしてないんだ」
「ずっと自分で自分のことを苦しめていたんだ」

と自覚しました。

そして会社を辞める決意をします

ライフストーリーレシピ⑨に続く

これまでのライフストーリーレシピ一覧はこちら→

ライフオーガナイザー®
猪俣有希

投稿者プロフィール

猪俣有希
猪俣有希
88年生まれ。ライフオーガナイザー®/オフィスオーガナイザー® 1LDK、パートナーと二人暮らし。幼少期、片付かない家に育ったことで片付けに目覚める。現在は整理・片付けを通して女性が自分らしく『希望』を持って生きていける社会の実現を目指して思考と空間の整理のサポートを実施中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です