仮収納だけではない!紙袋の活用法

整理で「希望」をみつけて
選ぶ力を取り戻す!
今から未来をつなぐ
ライフオーガナイザー®の猪俣有希です。

片付けの作業をしているときによく利用するのが紙袋。

このように持ち手の部分を切り取り、上部を折り畳んで仮収納として利用します。

でも紙袋の活用法はそれだけではありません。

今回ご紹介するのは取り出すシュミレーションをするために使う方法です。

▶紙袋で動作シュミレーション〜洗濯洗剤の収納

我が家の洗濯洗剤の置き場所は洗濯機の右下。

少し手を伸ばして取らなくてはいけないので取りづらいと感じていました。
そこで考えたのが洗濯機の右上に収納スペースを作ること。

でもここですぐに収納用品を探しにはいきません。
ぴったりでかつ使いやすい理想のものを探すために一手間かけます。

ここで利用するのが紙袋!!
紙袋を収納スペースを作りたい場所に画鋲ではりつけます。

そして洗剤を出し入れして、使いやすいかどうか試していきます。

・収納の高さはどれくらいがいいのか
・どの位置につけたらいいのか
・本当にこの場所で使いやすいのか

など自分がどうしたいかをシュミレーションしながら明確にしていきます。

その結果購入したのがこちら!

本来の用途はメールボックスですが
後ろに穴が空いているので吊り下げて使うのにぴったり!!

シュミレーションのおかげでぴったりのものを選ぶことができました。
こちらを使った洗剤の収納は別途記事にするのでお楽しみに!

家で使わないまま眠っている紙袋。
自分にとってぴったりの収納用品を探すために是非活用してくださいね!

ライフオーガナイザー®
猪俣有希

投稿者プロフィール

猪俣有希
猪俣有希
88年生まれ。ライフオーガナイザー®/オフィスオーガナイザー® 1LDK、パートナーと二人暮らし。幼少期、片付かない家に育ったことで片付けに目覚める。現在は整理・片付けを通して女性が自分らしく『希望』を持って生きていける社会の実現を目指して思考と空間の整理のサポートを実施中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です