vol.2 怖くて出来なかったメルカリに初挑戦!【超超心配性の引っ越し準備】

思考の整理と仕組み作りで
何気ない日常から希望を見つける
ライフオーガナイザーの猪俣有希です。

主人の転勤で3月の終わりに大阪から東京に引っ越しました。

辞令が出てから引っ越しまでは約1ヶ月でしたが
荷物を詰めるのは1日前にほぼ完了
引っ越し後、ダンボールから出すのは1日
3日目には通常通りの生活をおくることができました。

「そんなのしっかりしてるからでしょー」
なんて思うかもしれませんが
実は私の正体は「しっかり者」ではなく「超心配性」

そんな心配性ゆえの「事前の準備」が
スムーズな引っ越しのポイントでした。

事前準備は3ステップで行いました。
今日は「ステップ①の減らす」について

引っ越す前に不要なものを手放すメリット
私が今回参考にした引越しオーガナイザー®の門野内さんの著書の中では
引越し代や家賃・ローンのコストダウンをはかるために
先に減らすことをおすすめしています。

[門野内絵里子『引越しで「わたしと「暮らし」を整えよう』ギャラクシーブックス,2018年,p.63、p64]

コストに関わるほど大きいものでなくても
新しい家でわざわざいらないものの
収納場所を考えるのは無駄な労力といえます。
 

あっ、でも今日私が書きたいのは減らし方じゃないんです。
なので減らし方が知りたい方はこの先は読まないでください。

なぜか怖いと思っていた「メルカリ」
私は少しでもモノを気持ちよく手放そうと
私は引っ越しを機に初めて「メルカリ」に挑戦しました。
ずっとやってみたいとは思っていたけど
やりかたがわからなくて後回しにしていたんです。
 

でも本当はやり方よりも
「どんなメッセージのやりとりをしたらいいかわからない」
ことが不安で逃げていたんです。

そこでまず最初にしたことは
「自分が買ってみること」

減らそうとしているのに本末転倒な感じもしますが(笑)
新規で登録するともらえるポイントが
あったのでこちらを使ってまずは自分が購入。

すると思っていたよりも
コメントすることは少ないことがわかり安心♡

こういうのは調べても出てこないので
自分が体験するほうがよくわかります。

安心したら俄然やる気が出てさっそく出品!
アプリの指示とおりにやったらあっという間に出品完了。

そしてちゃんと売れました!!

「あの悩んでいた時間は何だったのか・・・」
と思いたくなるほどあっけなくできました。

何が不安なのか明らかにする
今回メルカリに挑戦して良かったことは
商品が売れたことよりも
怖いという漠然とした不安と向き合えたことです。
 
なんとなく怖いで終わりにしないで
何が不安なのか分解して考えていくことで
自分なりの解決策
(今回ならまず自分が買ってみること)
にたどり着くことができたのではないかなと思います。
 

最初から大きい問題に立ち向かうのではなく
細かく分けてから考える。

不安がたくさんあるときはこの方法が私には合っているようです。
 
次回は「ステップ② 計画する」について書きたいと思います。
最後までお読み頂きありがとうございます。
 
今をよりよく生きる「希望」を見つけて
自分らしく「希望」を実現する人が増えていきますように☆
 
ライフオーガナイザー®猪俣有希

投稿者プロフィール

猪俣有希
猪俣有希
88年生まれ。ライフオーガナイザー®/オフィスオーガナイザー® 東京都内在住。夫と二人暮らし。幼少期、片付かない家に育ったことで片付けに目覚める。現在は整理・片付けを通して女性が自分らしく『希望』を持って生きていける社会の実現を目指して思考と空間の整理のサポートを実施中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です